ROCBULL GAMEレポート
オール三菱ライオンズ戦


対戦相手 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL 戦績
ROCBULL 0 7 0 7 14 1敗
ライオンズ 7 0 7 7 21 1勝

2008年パールボウル第1節

朝まで降っていた雨もキックオフの11:00には快晴の空になり、2008年パールボウル第1節ROCBULL対オール三菱ライオンズのゲームは始まった。 ROCBULLは初戦の緊張からかQB藤原を中心とした攻撃がぎこちなく、 初回の攻撃は3回でライオンズに明け渡す。代わってライオンズの攻撃は いきなりビッグプレーが飛び出した。 初回の攻撃シリーズ、第3ダウンでQB安村からWR村田へのロングパスが決まり、 そのまま守備を振り切り60ヤードのタッチダウンパスとなる。 タッチダウン後のキックも決まり7−0と先制した。





第2Q、ROCBULL守備はライオンズのパントスナップミスから獲得した攻撃で、 敵陣20Yからスタート。 第一ダウンを1回更新した6プレー目、藤原からWR川上へのショートパスで 確実にタッチダウンに結びつけ、キックも決まり7−7とゲームを振り出しに戻した。




ライオンズは後半の第3Q、2回目の攻撃でまたもやビッグプレー。 自陣深くからスタートした6プレー目。 QB安村が左奥に投げたパスをROCBULLのDB冨居とライオンズのWR河合が その球を競り奪い合う。 それを捕球したのはのライオンズ河合。 そのまま誰も居ないエンドゾーンへ持ち込み、84ヤードのタッチダウンパス。 再びライオンズは14−7と追加得点。 ROCBULLの守備は、LB曽木、DB矢吹らがライオンズQB冷水、安村の それぞれからパスをインターセプトし追加得点のチャンスをつかむが、 チャンスをいかしきれずタッチダウンにはならない。。





4Q開始直後、ライオンズDB 金氏はROCBULL藤原の投げたパスを 50ヤード付近でインターセプト。 これを ライオンズRB丸茂がタッチダウンにつなげ、21−7と点差を開ける。 ROCBULLは直後のシリースで自陣25ヤードから第1ダウンを5回更新し、 11プレー目のQB藤原からWR川崎へのパスでタッチダウンで 14−21にし、さらに次の攻撃でタッチダウンへあと4ヤードと いうところまで攻め込むがライオンズDB佐藤がパスインターセプト。 キャッチアップするROCBULLを寄せつけずそのまま試合終了。 第一節はライオンズがROCBULLに勝利した。





written by ENDA

NEXT GAMEロックブル?

12月に予定されていた入替戦は
辞退することとなりました。

今シーズンもたくさんの応援、
ありがとうございました。

RECRUIT

下記ボタンから是非是非ご連絡下さい。



STANDINGS
2008秋季リーグ
CENTRAL
TEAM W L D
DEERS 5 0 0
SEAGULLS 4 1 0
BIG BLUE 3 2 0
LIONS 2 3 0
CREATORS 1 4 0
ROCBULL 0 5 0