ROCBULL GAMEレポート
ルネサス ハリケーンズ戦


対戦相手 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL 戦績
ROCBULL 7 0 7 0 14 2敗
ルネサス 6 3 0 8 17 1勝

最下位脱出を期し、奮戦!

今季初勝利を東京ドームの大舞台で飾れるか。 EASTディビジョン順位5位のルネサスハリケーンズと、 6位で追走するROCBULLのXリーグ第2節はハリケーンズの攻撃で始まった。 序盤のアドバンテージを獲ったのはROCBULL。 初回のハリケーンズの攻撃を巧みなディフェンスで防ぎ通し、 自陣侵攻すら許さず攻撃に転じる。 QBは#9藤原、46ヤードからの攻撃で#33滝田にボールを集め 次々とダウンを更新し、ゴールラインまで7ヤード地点まで攻め込む。 最後もRB#33滝田が押し込み、まさに滝田の独壇場で先制点を挙げる。 7-0とリードし、この勢いならば圧勝かと思わせるほどのムードだったが、 ハリケーンズもそうはさせじと気合を入れなおし反撃を開始。 たった6回のダウンでROCBULL陣19ヤード地点まで迫り、 こちらもタッチダウン。 トライフォーポイントは外し、7-6とROCBULLに迫る。 勢いを阻止されたROCBULLは、ファーストダウンを獲れずにパント。


一方のハリケーンズは第2Qに入ってからも波に乗り続け、 ROCBULL陣14ヤード地点からの4thダウンの攻撃で、 ファーストダウン獲得まで残り2ヤードでギャンブルを選択した。 これがかろうじて成功し、タッチダウンまで残り12ヤードからの ファーストダウンとなりROCBULLは窮地に立たされるが、ディフェンスが堅守。 タッチダウンを許さず守りきるが、フィールドゴールキックで3点を取られ、 7-9と逆転されてしまう。このあとの第2QはほぼROCBULLの 攻撃に終始する展開となった。 だが、ファウルを連発し、進撃の流れを自ら断ってしまう。 ディフェンスも決して悪くはなく、ファウルさえなければ タッチダウンシーンが見られたはずと思われる惜しいクオーターとなった。



2点のビハインドを負う後半、ROCBULLはキックオフリターンを RB#34中山が37ヤードリターンしてハリケーンズ陣49ヤードの 好位置からの攻撃開始となる。 ファーストダウンはRB#33滝田のランで4ヤード獲得、 セカンドダウンでパスを放つがホールディングの反則で10ヤードの罰退、 やり直しのセカンドダウンでQB#9藤原が自分で走り5ヤード獲得、 ファーストダウン獲得まで残り11ヤードのサードダウンで WR#15川崎へのパスが成功し、12ヤードをゲイン。 これでファーストダウンを獲得したのだが、このプレイひとつとってみても、 罰退さえなければどんなに楽だったかを窺うに充分と思う。 ともあれ、後半も前半同様の混迷状態で苦しみつつも 敵陣18ヤード地点まで迫り、スタンドのROCBULLファンの期待を背負った RB#21服部のランで逆転のタッチダウン!14-9と再び試合をひっくり返す。





タッチダウンさえ阻止すれば、と、ROCBULLには勝利が見えてきた。 一方のハリケーンズはタッチダウンさえ取れば、と猛攻に転じ、 ROCBULLがこれに耐える展開となった。自陣42ヤードからの ディフェンスで、DL#51下川がQBサックを決める。 しかし、パスを織り交ぜ果敢に攻めてくるハリケーンズに翻弄され、 自陣11ヤード地点からの攻撃となるが、LB#49伊藤がタッチダウンを 阻止する値千金のタックルを決める。さらにフォースダウンギャンブルで 放たれたパスがかろうじて逸れ、ピンチをなんとか防いだ。 しかしオフェンスが振るわず、パントでしのぐも再び ゴールライン際での攻防となってしまう。 タッチダウンまで4ヤード、ファーストダウン獲得まで残り 1ヤードでハリケーンズは再三ギャンブルを選択。 ここで第4Qに入り、我慢に我慢を重ねたROCBULLに対して、 ついにハリケーンズが粘り勝つ。 ラッシュで残り1ヤードをきっちり押し込み、14-15と勝ち越す。 トライフォーポイントは2ポイントコンバージョンを選択、 エンドゾーンにボールを持ち込み2点を追加し、 14-17と逆転の火種を消してくる。 もはやタッチダウンでの逆転を目指すほかないROCBULLは、 QBに#12倉持を入れ反撃を試みるが、キックオフリターンの ボールをファンブルし、自陣36ヤードからの攻撃となってしまう。 RB#33滝田へのマークが厳しくなるなか、攻めあぐねるがWR#7山本、 WR#82田嶋へのパスが通り敵陣38ヤードまでせまりパント。 このパントのリターンを、DL#51下川が阻止し、 敵陣9ヤード地点からのディフェンスとなる。 残り時間は約8分。逆転勝利への最後の望みをかけての必死のディフェンスも、 じわりじわりと前進するハリケーンズの着実な攻めの前に実らず、 試合終了のホイッスルとなる。 ROCBULLにとっては、勝機が多々あった展開のなかでファウルに よる罰退がトータル11回77ヤードと悲しく響き、悔しい試合結果となった。




written by EGUCHI

2007年9月20日 ルネサス ハリケーンズ戦

 

  1Q 2Q 3Q 4Q
ROCBULL
7
0
7
0
14
ハリケーンズ
6
3
0
8
17


 

 

得点経過

  Q TIME PLAY PLAYER YARD TFP PLAYER G/NG
ROCBULL
1
05:13
RUSH
#33滝田
1
KICK
#10畑木
G
ルネサス
1
06:55
PASS
#9皆川→#14合田
19
KICK

#10三澤

NG
ルネサス
2
01:41
FG
#10三澤
27
   
ROCBULL
3
03:39
RUSH
#21服部
18
KICK
#10畑木
G
ルネサス
4
00:04
RUSH
#9皆川
1
PLAY
#39近藤
G

 

  ルネサス ROCBULL
ファーストダウン(ラン − パス − 反則)
17 (7 − 10 − 0)
14 (8-5-1)
パス) 試投 − 成功 − インターセプト
獲得ヤード
35 − 15 − 0
153Yds
12 − 7 − 1
95Yds
(ラン) 回数 − 獲得ヤード
35 − 81Yds
31 − 132Yds
(攻撃) 回数 − 獲得ヤード
65 − 234Yds
43 − 227Yds
(反則) 回数 − 損失ヤード
2 − 11Yds
11 − 77Yds
(ファンブル) 回数 − 喪失
0 −0
1 − 0
(フィールドゴール) 回数 − 成功
1 −1
0 − 0
TIME OF POSSESSION
26:37
21:23

 

 

NEXT GAMEロックブル?

12月に予定されていた入替戦は
辞退することとなりました。

今シーズンもたくさんの応援、
ありがとうございました。

RECRUIT

下記ボタンから是非是非ご連絡下さい。



STANDINGS
2008秋季リーグ
CENTRAL
TEAM W L D
DEERS 5 0 0
SEAGULLS 4 1 0
BIG BLUE 3 2 0
LIONS 2 3 0
CREATORS 1 4 0
ROCBULL 0 5 0