ROCBULL GAMEレポート
IBM BigBlue戦


対戦相手 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL 戦績
ROCBULL 0 3 7 0 10 0勝1敗
IBM BIGBLUE 6 7 6 7 30 1勝0敗

春、交流戦始まる!

2007年5月3日、ワールドカップ日本開催でパールボウルトーナメントが交流戦になった初日のゲーム。
IBM BIGBLUEとクラブチーム化2年目のROCBULLのカード。五月晴れの川崎球場で行われた。
先制したのは2QのROCBULL。一本目を外した2本目のFG、#10K畑木が19Yを決めた。
IBMも次のシリーズ、QB岡村からWR高木への30YTDパス、XPは失敗するが、3−6と逆転で前半を終える。

折り返した後半3Q6分過ぎ、今年度より参加のQB#12倉持が中盤より攻撃を始め、ゴール前22YからTE#89阿部にミドルゾーンへの約10Yのパスを通す。そのまま守備陣を交わしエンドゾーンへ持ち込みTD。XPも決め、10−6と再逆転。IBMも次のキックオフ、#32飯塚の好リターンで72Yと陣地を一気に獲得。ROCBULL陣25Yからわずか4回の攻撃でTD。QB岡村から#7福井へパスで得点。
XPも決め、10−13とゲームを盛り上げる。






その後、ROCBULLキックオフリターン中のファンブルをIBMが押さえてチャンスを得てFGにつなげるが、これはROCBULLがブロックし、追加得点を阻む。
4Q、IBMはQBを岡村から#10柴田に代えWR#89円谷に2本のTDパスで14点を追加、K#11井田がFGでさらに3点を獲得、一気に30−10と突きはなした。
ROCBULLも#15WR川崎がワンポイントディフェンスでパスインターセプトを決め、#13DB矢吹の約50Yのキックオフリターンでチャンスを掴むものの、ゲームの主導権は奪い返せず、そのままゲームセット。交流戦初日の第一試合は、IBMに軍配が上がった。




written by MITSUHITO ENDA

NEXT GAMEロックブル?

12月に予定されていた入替戦は
辞退することとなりました。

今シーズンもたくさんの応援、
ありがとうございました。

RECRUIT

下記ボタンから是非是非ご連絡下さい。



STANDINGS
2008秋季リーグ
CENTRAL
TEAM W L D
DEERS 5 0 0
SEAGULLS 4 1 0
BIG BLUE 3 2 0
LIONS 2 3 0
CREATORS 1 4 0
ROCBULL 0 5 0