ROCBULL GAMEレポート
鹿島ディアーズ戦

対戦相手 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL 戦績
ROCBULL 0 6 0 0 6 0勝2敗
鹿島ディアーズ 7 12 0 3 22 1勝0敗

パールボウルトーナメント第2戦目はEASTディビジョン首位の鹿島ディアーズとの対戦。強い風と雨がまばらに吹き荒れる荒天で、フィールドもまた波乱の展開となった。ROCBULLのレシーブで始まった第1Qは、RB#35清水宏樹が初っ端から48ヤードゲインのランを見せるも、次の1stダウンではQBがサックされファンブル、ターンオーバーとなり、オフェンスは今ひとつ精彩を欠くスタートとなった。一方でROCBULLディフェンスはディアーズをピタリと止め、オフェンス陣を援護する。これに応えるかのように、QB#16本間久毅を中心に攻撃がつながり、続けざまに3つのファーストダウンを奪ってディアーズ陣内に切り込む。このまま先制点を奪えるかと思ったが、次のプレイでパスをインターセプトされ、逆に強豪ディアーズに猛攻撃の機会を与えてしまう。ROCBULLもDB#25中島晋平がガツンとタックルを決めるなど、前試合と打って変わった堅い守りを見せるが、1Q6分38秒、ついにディアーズに59YDSのロングパスを許し、1つ目のTDを奪われて0-7と先制される。

この日のROCBULLディフェンスは随所で鉄壁の守りを見せるも、肝心なところでロングパスを許してしまい、ディアーズを抑えきれない。2つ目のTDで0-13と離されると一気にリズムを崩し、パントでもファンブルしてしまい、自ら招いた危機から3つ目のTDを奪われてしまう。0-19と突き放され、勝機が遠のいたかに見えたところで、QB#8吉田昌司からWR#6川上絢也に13ヤードのロングパスが通った。続く1stダウンでも、RB#33滝田秀樹へのショートパスが通り、そのまま44ヤードを一気に駆け抜けてROCBULLが待望のタッチダウン。6-19と迫って、勝負はまだまだわからなくなった。

前半終了間際、雨がひどくなるバッドコンディションの中、ここで一層ROCBULLディフェンスが冴えを見せる。DL#51下川真がQBをサック、DB#14冨居秀樹が胸のすくようなパスカット。オフェンスも、相手のグッドパントによる自陣1YDからの攻撃という悪条件の中、必死でボールを守り、13点差を守りながらハーフタイムを迎えた。

第3Qでは、両チームのディフェンス合戦となる。ディアーズのパスをDB#20荒川剛がインターセプトすれば、ディアーズもインターセプト。めまぐるしく攻守が変わり、双方得点のないままに最終Qへ勝敗をかける展開になる。

依然オフェンスがなかなかつながらず苦しむROCBULL。第4Qに入って、追加点を狙うディアーズはベテランQB#8鈴木和佳を投入し、パス中心の攻撃に切り替えてきた。ディアーズのQBがタックルされながらもパスを通す気迫のプレイを見せれば、ROCBULLもDL#56高橋建作、DL#51下川がパスを続けざまに叩き落とし、激しい気迫のディフェンスを見せ、サイドライン、そしてスタンドを沸かせる。しかし、ROCBULLは2度のインターセプトを受け、試合終了までわずか41秒、ディアーズに33YDSのFG(フィールドゴール)を決められる。攻撃の糸口を掴み切れないままに、6-22で試合終了となった。
ディビジョン首位のディアーズと戦って、奪われたTDは3つ、奪ったTDが1つ。終わってみれば16点もの得点差がついていたが、ベテランQBを投入され、再三ゴールを脅かされながらも1つのTDも許さなかったディフェンスの活躍が、富士通戦からの成長を物語っている。

ROCBULLのパールボウルトーナメントはこの試合で終わってしまったが、確実にチームが成長している手ごたえを感じた。怪我や故障が続出するなかで交代メンバーのいないプレッシャーを選手一人ひとりが感じながらも、そのプレッシャーを責任感に変えていく気迫が伝わってきた。この日のTD時に、雨と肌寒さのなか喜びのTDダンスでスタンドを沸かせてくれたチアリーダー、そして観客、選手のためにも、ROCBULLは次の勝利を掴みたい。


NEXT GAMEロックブル?

12月に予定されていた入替戦は
辞退することとなりました。

今シーズンもたくさんの応援、
ありがとうございました。

RECRUIT

下記ボタンから是非是非ご連絡下さい。



STANDINGS
2008秋季リーグ
CENTRAL
TEAM W L D
DEERS 5 0 0
SEAGULLS 4 1 0
BIG BLUE 3 2 0
LIONS 2 3 0
CREATORS 1 4 0
ROCBULL 0 5 0