ROCBULL GAMEレポート


対戦相手 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL 戦績
ROCBULL 0 0 0 0 0 0勝1敗
富士通フロンティアーズ 0 25 20 0 45 1勝0敗

クラブチームとしての初公式戦、パールボウルトーナメントの緒戦は高温と強風の川崎球場で行われた。チーム再編の嵐を経てこの日のキックオフを迎え、スタンドを埋めたROCBULLファン、スタッフ、そして誰よりも選手一人ひとりが、ボールを追える喜びを全身に表してフィールドに飛び出していった。 ROCBULLのレシーブで始まった第1Qは、いきなりのファンブル。自陣11Yでの危険なターンオーバーとなる。ところがフロンティアーズもファンブルし、ドタバタとした幕開けとなった。 まず#16QB本間久穀が14Yのパスを通しダウンを奪うも、ファウルを連発しチャンスをつかめない。0-0の均衡を保ったまま、フロンティアーズが徐々に攻撃のリズムを取り戻していく。 第2Q開始直後、フロンティアーズは残り7Y地点からきっちりとFG(フィールドゴール)を決め、3点を先制。ROCBULLはKOR(キックオフリターン)で#11RB櫻井雅史が敵陣44Yまで戻すロングゲインをみせるが、オフェンス陣が前へ進めない。1stダウンが奪えないまま、一方でフロンティアーズのパスが通り始め、続けざまに2度のTD(タッチダウン)を奪われる。#8QB吉田昌司のパスは2度インターセプトされ、痛恨のセーフティで2点を失い、流れは完全にフロンティアーズのものとなった。ROCBULLディフェンスの中央を抜くランとパスの連発でゲインを重ね、2つのFGを決めて一気に0-25と突き放す。

さらに後半第3Q開始直後にフロンティアーズがTD。ROCBULLに攻撃の機会を与えず、その後も2つのTDを加え、0-45とする。ROCBULLディフェンス陣が満身創痍となるなか、オフェンス陣はようやく復調をみせる。#33滝田へのパスが通り始めるが、フロンティアーズの猛攻の前に得点のチャンスにはつなげられないまま、最終Qを迎えた。 チーム再編後初のTDを奪って、迷いも焦りも払拭したいROCBULL。第4Q開始時点で勝敗はほぼ見えていたが、ここでようやくROCBULL魂が光り始めた。QBのパスが鋭く飛び、RBがフロンティアーズディフェンスの上を飛び越えて走る。ディフェンスがフロンティアーズのパスを追う、ファンブルをリカバーする。ミスを恐れない勇気あるプレイでフロンティアーズの得点を許さず、常に攻め続けるQとなったが、終了間際0のパスも及ばず、0-45で試合終了。
この日のスタンドの消化不良は、おそらくたった一つのTDで解消されたことだろう。新生ROCBULLが以前のROCBULLに再生する必要はない。この試合で新生ROCBULLに何が足りないのか、ファンの期待に応えるために何ができるのか。これからの試練をチームが体感できた試合だったことだろう。

NEXT GAMEロックブル?

12月に予定されていた入替戦は
辞退することとなりました。

今シーズンもたくさんの応援、
ありがとうございました。

RECRUIT

下記ボタンから是非是非ご連絡下さい。



STANDINGS
2008秋季リーグ
CENTRAL
TEAM W L D
DEERS 5 0 0
SEAGULLS 4 1 0
BIG BLUE 3 2 0
LIONS 2 3 0
CREATORS 1 4 0
ROCBULL 0 5 0